NIGHTSCAPE Mail Calendar Instant Messenger Search MyNetscape Download
HOME > クラブマニアックス > クラブ遊びのススメ No.07
クラブ遊びのススメ  No.07 ギャル攻略法(1:概論) (05/26/2000)
<< previous
 さて、クラブでの楽しみといえば飲む、踊る、以外にまだあります。会話ですね。せっかくクラブに来たんですから、色んな人と話しましょう。自分から話しかけるのは・・・と言う気持ちもわかります。でも相手がクラバーなら全然問題ありません。 
今回からはクラブでのギャル攻略です。要はナンパですね。こういう題材はどうかとも思ったんですが、アクセスカウントを稼ごうと思ってとりあげました。内容的にはかなりデリケートなものもあるでしょうから細心の注意を払って書き上げていますが、不適切な部分があるかもしれません。ここに書いている内容の主旨は、あくまでクラブ遊びをより楽しむためのものです。別に僕はナンパ講座を開くつもりもないので突っ込んだ質問などは一切受け付けません。なにとぞ御了承下さい。 
 またこのギャル攻略は、女性にも是非読んでいただきたい内容にして有ります。読み進めていくと、ウザいナンパ避けの参考になるような事が見つかると思います。男性女性共に是非御活用下さい。この題材は5回ぐらいに分けてかなり深いところまで探求していきたいと思っています。皆さんの御意見をお待ちしています。 
 僕はクラブでは基本的にナンパはしません。よほど楽しくない時か、すっごい楽しそうな人がいたときかのどちらかです。一昔前はナンパしにクラブに行った事もありましたが、やっぱりあんまり面白くはないですね。ナンパはストリートの方が僕は好きです。クラブは飲んで踊って楽しむところだと考えているからです。これが僕のクラブに対する固定観念です。 
しかし成功率からいうと、クラブで声をかけた方がはるかに高いのは間違いありません。多分10倍ぐらいの差があるでしょう。僕の経験則でいうと、ストリートでの成功率は約3%です。33組に声をかけて1組引っかかるということです。これがクラブなら3組に声をかけて1組の割合で引っかかります。以前別のセクションでも書きましたが、某クラブで1日で20人の電話番号をゲットできた事もあります。 
何故同じ人間がやってこれほどの違いが出るのでしょうか。まずはポジティブな理由から探っていきましょう。 
道を歩いている人はこれからどこに行くのか、何をするのかわかりません。本当にとても急いでいて、早く帰らないといけないかもしれません。また僕の事をとても不審に思って、キャッチセールスの人と思ったのかもしれません(笑)。もしくは客引きのホストと思われたかも。 
しかしお店の中では少なくともみんな時間には余裕があります。当然の事ですね。遊びにきてるんですから。感情マトリックス上のX、Y座標は共にプラスにあるはずです(図1参照)
つまり声をかけるには悪くはない状態です。ほとんどの場合、女性は声をかけられた瞬間はしゃべりますね。ストリートなら簡単にこうはいきません。ここで上手いツカミがあれば序盤は成功といえるでしょう。 
そしてまたほとんどの場合、お酒が入っています。気分的にはそう悪いはずはあまりないでしょう。どちらかというと閉鎖的というよりも、開放的になっている場合が多いと思います。気さくに話すぐらいはできる状態ですね。 
またいい感じの音楽が流れていて、ある程度アルコールが入っている状態というのは、脳の原始的な本能中枢を刺激します。だから理性よりも感情が最優先されます。だからなんに気無しに話しかけたらしゃべり返してくれるわけです。 
 次はネガティブな理由です。クラブはどんなに広くても、閉鎖的な空間です。ましてや座っていればげ場はありません。ストリートなら、無視してさっさと歩いていればいいだけです。でもクラブだとそうはいきませんね。もし席から立たれて逃げられたらかなりショックな事です。全人格を否定されたぐらいに思ってください。よほどダサかったのでしょうから(笑)。 
またそこまでいかなくとも、あまり気に入っていなかったとしても話をするぐらいはどうってことないですね。断るのもメンドウだからとりあえずダラダラと話を合わせているという場合も多く見受けられます。この状態は引っかかってないんです。むしろダメですね。しかし展開いかんによってはある程度の期待は持てるかもしれません。がんばりましょう。 
 さて、ざっとストリートのナンパとクラブでのナンパを比較してみました。クラブでのナンパの優位性がはっきりと理解できたと思います。 
さすがにストリートでは抵抗があるかもしれませんが、クラブでなら声をかける方もかけられる方もそれほど抵抗感はないでしょう。実際、いまどきナンパなんて特に珍しくもなく、特別な事でもありません。クラブでの日常の一コマといった感じじゃないでしょうか。 
 ではその理論上(および僕の経験上)成功率激高のクラブでのナンパを額面通りに考えていいのかというと、これがそうでもありません。目的を達成する為には手段を講じなければなりませんね。 
とりあえずヤル、ヤラないは別として、仲良くなって少なくとも友達になるにはどうすればいいか。一概に「仲良くなる」といっても、実は相手によって全然違う手段が必要なのです。当然の事なのですが、忘れてしまいがちな事です。 
つまり、今の自分はどういう相手を求めているのか、という事を自分自身できちんと把握している事が重要です。 
よく「コイツ何がしたいねん?」っていうような会話をしている人がいます。女性ならこういう場面はよくあるでしょう。ナンパされた、で、何がしたいわけ?何をいいたいわけ?っていうシチュエーションです。こういうナンパをしている人はあまり頭が良くなさそうなので、すんなりハッキリと断ったほうがいいですね。 
 ではどうすれば額面通りの成功率激高が実現できるのでしょうか。ここまでをまとめると、まずは自分自身の状態や考えを整理して、ターゲットを絞り込む事が必要です。そして今の自分の状況に最適なターゲットを探す事です。人間というのは気力、体力共に充実しているという時はそうそうありません。要は自分の武器を再確認する事です。戦う前には入念な下準備が必要ですね。
ということで次回は僕の視点から見たその準備の方法を解説します。お楽しみに。
Home - Site Map - Advertise with Us - Contact Us