NIGHTSCAPE Mail Calendar Instant Messenger Search MyNetscape Download
HOME > Netscape > No.02
Netscape  No.02 ネスケの優秀さ
<< previous
 ネットスケープブラウザーは他のブラウザーよりも優秀だからこそ、人気があるのです。では、ナニがそんなにいいのでしょうか。順を追って説明していく前に、まずは前説から始めます。 
次章から具体的にネスケとIEを対比させていきますが、その項目は「軽快さ」「拡張性」「セキュリティー」「カスタマイズ性」「キャッシュ機能」「インターネット統合ソフトそしてのり便性」の6つです。 
軽快さとは、ソフト自体のプログラムの大きさと動作速度、安定性です。拡張性はブラウザーの持つ潜在能力の可能性です。セキュリティーはご存知の通り、攻撃に対しての強さの度合いなどです。カスタマイズ性とは自分が使いやすいように各種仕様を変更できたり出来るかどうかという事です。キャッシュ機能は一度読み込んだページを再度訪れた時に重宝する機能ですね。インターネット統合ソフトとしての利便性とは、ブラウザー単体ではなく、ウェブページエディター、メーラー、コミュニケーションツールも含めた総合的な評価です。 
ここではまずブラウザーとして一番肝心なブラウジング能力について比較してみます。 
なんといってもこの通信インフラの脆弱な日本においては、画面が表示されるまでの時間にかなりストレスを感じる方が多いのではないでしょうか。しかしその表示にかかる時間とは、単に読み込み時間だけではありません。情報を読みこんで、HTMLを認識して表示するまではブラウザーの能力によって決まります。 
この表示にかかる時間は、IEを基準にするとネスケ4.7xは77%、ネスケ6にいたっては最大66%の時間で表示できます。これをローカルで実験するには、かなり大きな画像を各ブラウザーで表示させてみれば一目瞭然です。超高画質で撮ったデジカメ等の写真がいいでしょう。これなら下手をすれば10MBクラスのものが用意できるでしょう。 
こんな大きなファイルをIEで表示させようとすると、ローカルとはいえかなりのストレスが溜まります。しかしネスケならばそんなに不快感はつのりません。通信速度の遅い日本でも、同じページを読み込むのに体感速度で違いを感じるほどです。超高速通信設備の整った海外では、ネスケがメジャーにならないはずはありません。日本でもそろそろADSLなどの高速通信設備が普及しつつあるなか、いつまでもIEを使い続けるのは非合理的とすら思えます。 
 次に表示の美しさですが、これにブラウザー間の違いは基本的にはありません。この美しさというのはユーザー環境によって決まります。OS、バージョン、表示色数、搭載メモリー、モニター性能、そして設定などにすべて依存されます。 
しかし一部IEとネスケでは表示のされ方が違うページが存在します。これはHTMLタグの書き方に問題があります。例えばIEでは表示されるけれどもネスケでは全くの空白ページとなってしまったり、ネスケではきちんと表示されるけれどもIEでは変に画像が並んでいるだけであったりというものです。 
これはブラウザーに問題があるのではなく、ウェブ製作者に問題があります。Iフレーム(IEのみ対応)やレイヤー(ネスケ4.7xのみ対応)等を使うとこういうことが起きてしまいます。 
もしそういうページを見かけたら、そのページの製作者にメールを送ってあげて教えてあげましょう。 
ちなみにMacでのIEユーザーは僕にメールは送る必要はありません。このサイトのいくつかのセクションでMacのIEユーザーに表示の不具合があるのは承知していますが、現在のところ修正する気はありません。 
 それでは次章から多岐にわたる項目について検証していきます。